親父も行方不明高齢者?

週末、実家で母と食事をした際、市の環境衛生課に書類を出してきて欲しいと頼まれました。
水洗が普及し、まだ汲み取り式(簡易水洗)の家は市のほうで汲み取り時期を管理するのだそうです。
今までは業者に電話し、直接お金を支払っていましたが、今後は定期的にやってきて口座引き落としとか。
しかも料金はいままでの5割り増し。
それはそれでいろいろ書きたいことがあるのですが、驚いたのはその書類の宛名。
なんと3年前に死んだ父の名前だったのです。
市役所的にはまだ父は生きている?
最近話題のアレですかね?
父はまだ生きている事になっていて、実は白骨化している?
まぁたしかにお墓の中で白骨化はしているのですが...
おかしいなぁ、死亡届は出しているし、年金や保険の手続きだってちゃんとやったはず。
これって市役所内のデータ共有が出来ていないってことですよね。

今回の行方不明高齢者問題の一端を垣間見たような気がします。

広告
カテゴリー: つぶやき パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中