幻のつぶやき

以前、某建築系福祉ボランティアを立ち上げ、会長を務めていたときに書き綴った「会長のつぶやき」がまだネット上に残っていました。

あの頃は真面目だったなぁ。

読み返すと当時の様子が目に浮かびます。

あまりに懐かしかったのでリンクを貼っておきました。

興味のある方は是非ご覧になってみてください。

会長のつぶやき
http://fukujyu.fc2web.com/tubuyaki/2003.htm

広告
カテゴリー: つぶやき, 建築 | コメントをどうぞ

ほうれんそう発芽-野菜工場

心配していたほうれんそうもようやく発芽してくれました。

サンチもニラも小さな根が出始めていましたが、ピントが定まらず、写真が撮れない。

それでもようやく全ての野菜たちが発芽してくれました。

農業経営されているかたのつぶやきなどを拝見すると、種を撒いた後、湿らせた新聞紙を乗っけていますね。これで遮光して乾燥を防ぐんだ。
今度はそうしてみることにします。
うちのは撒きっぱなしですからねぇ。

それでも昨日発芽したばかりのきゅうりはしっかりと立ち上がろうとしている。

可愛いなぁ。

葉大根なんか、一日でこんなに大きくなりました。

これから収穫までは2週間くらい掛かるのかなぁ。

早く、我が家の食卓にのぼって欲しいと思いつつ、毎日愛でております。

水気耕栽培ってホント、手間が掛からない。
水遣りすらほとんど要らないので、ただ眺めるだけ。

せめて、成長の記録くらいは撮り溜めておこうと思います。

これが一段落したら、もう少し大物にチャレンジしてみたいと思います。

カテゴリー: つぶやき, 建築, 新・森の生活 | コメントをどうぞ

月刊 こどもニュース?-Newsがわかる

NHK教育テレビで昨年末まで放送していた「週刊 こどもニュース」は初代お父さん役を池上彰が務め、一週間のニュースを判りやすく解説してくれたので、とても好きな番組でした。
その池上彰もテレ朝の「そうだったのか!学べるニュース」へ移り、スポンサー付きという制約からイマイチ精彩に欠く解説でつまらなくなりました。

今、学校では子供達に新聞を読ませようという活動をしているらしいのですが、実は我が家は新聞を取っていません。
だって、産経新聞はiPhoneで読めちゃうし、他紙も市民プールなどで読めちゃうから。
最近の新聞はどれを見ても同じで、個性もありません。
TVと一緒で変に情報規制されている感もある。
だから、最近はもっぱらネットで情報収集ですね。
ネットに流れる情報には真偽も怪しいし、偏ったものが多いので、それなりに情報選択のレベルも要求されます。
基本的に人間は読みたい情報を読みますから、そこは十分注意が必要です。

まずは情報を選択できるだけの基礎知識が重要で、それは多分若いうちの読書量に因るところが大きいと思います。
単に情報を得るだけではなく、きちんとした国語力をつけるためにも読んで理解するという作業は重要。

そこで我が家もこども新聞でも購読するかなんて考えていたら、先日新潟の書店で面白い雑誌を見つけました。

月刊「Newsがわかる」

読んでみるとまるで雑誌版こどもニュース。

判りやすい解説で大人も楽しめます。

6歳の息子にはまだ全然早いのですが、絵が多いから説明するときに楽。

値段も330円で年間購読すると送料無料だって。

こども新聞も月千円以上はするでしょうから、読まないで重ねておくなら、こちらのほうが大人が楽しめて良いかな。

ということで、早速 最新号から年間購読することにしました。
無理強いしてもダメなので、当面は私たちが面白そうに読むことにします。

カテゴリー: つぶやき, 子育て | コメントをどうぞ

放射性セシウム吸着フィルターが出来たそうです

放射能吸着・除去フィルター放射能・花粉除去メッシュ網戸でお世話になった㈱くればぁさんが今度は放射性セシウム吸着フィルターを開発したとメールを頂きました。

昨日のNHK、ETV特集「続報 放射能汚染地図」の中でアナウンサーが 「これからは放射能と向き合った生活をしていかなければならない」と言いましたね。
安全だといい続けてきたメジャーメディアが掌を返したように、生活の中の放射線被曝を訴えるようになりました。

事故当初からインターネットで情報を集めてきた人たちにとっては、何を今更という感じですが、現実問題として放射能の低濃度被曝は私たちの健康に何らかの害を及ぼすということなのでしょう。

ニュースの中では各都市の放射線量の増減は見られないという報道がなされますが、それは決して減ったということではありません。
事故当初に放出された放射能のうち大量のヨウ素は半減期が短く、今では少なくなっていますが、放射性セシウムは半減期が短いものでも30年。これらの放射性物質は依然放射線を出し続けているから増減が無く、高値安定ということです。

今後、再び原発が重大な事故に陥らない限りは、私たちが注意すべきはセシウムということになりそうです。
そこで今回、開発に踏み切ったというフィルター。

まだ試作段階で、市販には今しばらく時間がかかるとのことですが、当事務所にサンプルを提供いただきましたので、さっそくいつものように検証いたしました。

リポートはフォーラム一級建築士事務所HPの事務所からのお知らせにアップしておきました。

ぜひ、こうした製品が広く市民権を得て、みんなが原発事故以前の生活を取り戻せるようになって欲しいですね。

当事務所の放射能対策のまとめはこちらもご覧下さい。

カテゴリー: 建築, 新・森の生活 | コメントをどうぞ

○○起こしは何を起こす?

昨日は新潟市で終日過ごしました。
夏樹が「BSN統一学力テスト」を受験したので、ついでに母は新潟の姉の家へ、私たちはショッピングと息子に託けてお出かけしたという次第です。
本当なら三条も凧合戦(三条ではいかがっせんと言う)でも見たいところでしたがね。

親戚の家は入船町なので、試験会場は柳都大橋を渡るだけ。
試験会場は自家用車で来ないようにということなので、母を降ろしたら、車をそのまま停めさせてもらい、ウォーターフロントを歩いて向かいました。
着いてみれば、皆車で来てるじゃんねぇ。
親の待合室も用意してあったようですが、別にやることもありませんから、そのまま午前中はウィンドショッピングを楽しむことに。

さて、試験が終わり、「お昼は何を食べたい?」と聞けば「ケンタッキー!」。
本当はパスタの美味しいお店があったのですが、日頃、外食といえばファーストフードくらいしか連れて行っていないのがこんな所にも表れます。

食事の後、ぶらついていたら盲導犬の募金活動をやっていました。

教科書だか何かで盲導犬という言葉が出てきたらしいのですが、どうも実際の所が判っていなかったようなので調度良かった。

久しぶりに新潟の街を歩きますが、やはり楽しいですね。
三条はいわんや、最近は長岡通いも増えましたが、こうは人が歩いていない。

街って人が歩いてナンボだと思うのです。
車で移動して、点と点を結ぶだけじゃぁ街として機能していません。

ところでこの週末は至る所でイベントが開催されていましたね。
食事を終えた私たちは新津地区にある県立植物園へ移動しました。
この日も「にいつ花ふるフェスタ」というイベントが開催されており、植物園の入場料がなんと100円だったんですね。
園内の公園では「新津食の陣」や演奏などにぎやかでした。

ところで駐車場もほぼ満車でしたが、今回のイベントは何を目的にしていたのだろうとふと思ってみました。

動員数はそこそこでしたから、イベントとしては成功したのかなぁ?
でも露店の収益はどうだったの?
植物園は100円で入ったほうは徳だったけど、普段は600円位取るのだろうから運営的には?
ピンポイント的に人が集まれば成功って尺度はどうなんでしょう?
有名アーティストの営業とは違うのだから。

最近、いろんな所で「○○起こし」というのをよく耳にします。
やっている人は頑張っているのがわかるし、水を注す気は毛頭無いけど、ちょっと違和感があるんだなぁ。
東京とか(最近はそうでもないけど)、普通に街を歩いていて楽しいじゃない。
今回も、新潟の街を普通に楽しく歩けたし、そんな感じで良いのかなぁ。
すみません、気合が入らなくて。
それにしても広々として良い公園です。

カテゴリー: つぶやき, 建築 | コメントをどうぞ

這えば立て...-野菜工場

野菜工場、種蒔きから4日目です。

サニーレタス

チンゲン菜

地這えきゅうり

葉大根

まだ、サンチ、ほうれん草、ニラは顔を出していないけど、顔を出した子達は1日毎に成長しています。
這えば立て...じゃないけど、子供のように可愛い野菜工場の野菜たち。
そろそろラブ注入ならぬ、液肥注入ですかな。

カテゴリー: つぶやき, 新・森の生活 | コメントをどうぞ

発芽-野菜工場

一昨日セットしたばかりのなんちゃって野菜工場ですが、今朝見たらもう元気に種を破って根っこが伸びている。

元気だなぁ。

まだ3日目なのに。

やはり温暖な天気だと違いますね。

この段階ではまだコンテナには液肥は入れていません。
単なる水。
種には発芽する為の栄養分がしっかり詰まっていますから。

やがて根っこが伸びて栄養分を要求し始めたら液肥を1/500に希釈して投入します。
このコンテナだと18ml、大体キャップ一杯程度でしょうか?
根っこがどんどん伸びて行くので、培養液が減っても問題なし。
きゅうりやトマトのような実もの野菜じゃない限りは最初に液肥を入れてやれば、収穫まで何もしなくても大丈夫です。
レタス系はどんどん間引き収穫していって、最後まで収穫しても培養液は残ってます。
簡単でしょ。
ベランダでプランター使って野菜を作るより、こちらのほうがお勧めです。

毎朝、わが子の成長を見守るように眺めています。

カテゴリー: つぶやき, 建築, 新・森の生活 | コメントをどうぞ